Monthly Archives: July 2011

「告白」の批評の続き

「先生・・ このクラスは異常です。」 この文により、観客は「告白」と言うフィルムに怖いことが起きるかもしれないのを実感しています。 クラス全員がまだ13か14歳だけど、心の中には憎みだけではなく復讐も持っている。クラスは人殺しを苛めたくて、人殺しの心と魂を段々と壊したい。人殺しは渡辺くんと下村くんです。盗難を防止するために、渡辺君はそういう「盗難防止財布」が発明した。電撃の機能で他人を財布を盗むのが防止するはずです。でも、ショックの機能はまだ実験したことがない。 森口先生が大嫌いだから、森口先生の娘は実験の対象になることになっています。ショックを与えた娘はきっと死んだと思う下村君は確かめたいから、もう生きていて、呼吸していて真奈美ちゃんをプールに投げています。3歳の彼女は当たり前溺れています。電撃は強すぎなかっただから、電撃は死亡原因ではありません。だって、呼吸しているのが実感しなかった。 森口先生は渡辺くんと下村くんをHIVと伝染したので、少年がクラスの「モンスター」になっています。でも、本当かどうか分からない・・ 先生の方はそんなことができると思いますか? 映画の過程には、森口先生が独り言でクラスを辞めたいのを知らせて、「命」の事実の価値を教えてもらいたいです。「自殺は易しい。しかし、命は易しくない。」それにしても、この文の対照と事実に生徒が興味はすっかりありません。「命」の重視もう分からなかった。生徒は「命は糞なんかだったら、何故生き続けるの?」って頭の後部に思っています。明らかに、若々しくてバカらしい生徒は重視を実感したくない。 If there are any mistakes, please let me know!!! Advertisements

Posted in japanese | Leave a comment

「告白」

今日はつまらなかったし、天気がよくないし、日本の映画を見たい気持ちになった。「告白」と言う映画を選んだ。 あらすじを詳しく説明したかったり、多分俺の日本に住んでいる友達を納得ができたり、本当にすごい映画だったって言わせたりできる。俺の日本語もう限定があるのに、映画が大好きになったので分からせてあげたい。読んでくれてありがとう。お疲れ様でした。 ※ 映画の粗筋 ある中学校の先生が理由不明で娘の消息を失う。警察は森口先生の娘が学校のプールの水面に浮いているのを見つける。警察は死亡原因が不明で、どうやら事故のようなので調査をするつもりではありません。森口先生の精神的な状態が悪化していきます。そして、精神的なストレスが増えていきます。事故なんかじゃないと思うので、復讐したい。先生は犯罪だと思います。容疑者が森口先生のクラスの一員だと疑います・・・ とにかく、先生の仕事を辞めたいんですので、事件を究明するだけではなく容疑者にも悲しみと精神的なショックも与えたい。 森口先生は中学校に在学しているクラス員の容疑者の飲む牛乳にHIVウイルスを含んだ血液を注射しています。 クラスは全員が森口先生のHIVで亡くなった主人の書いた本を茶化したから、この復讐の仕方を選んだ。(映画のエンディングにはHIVのせいだけでなく、癌もあってご主人の死を促進をしたんです。) 長島の映画は復讐や恨みや憎みという気持ちが人間に何でもさせるということを観客に見せています。圧力と真剣を強調していますから、観客には直接的に悲惨な表現を見せています。復讐は決して正しくなくて、人々を悪循環に嵌らせるのが印象しています。この映画は人間の精神が酷い深淵だかもしれないのをすごく見せています。言うまでもないことですが、こんな人、こんな人殺しと狂者がこのリアルな世界にもいます。長島さんがこんなことも注意したいです。   ほら、辞書を見つからなかったんですけど、日本語で文を書けたかったよ!ミスを見つけば、おしえてくださいませんか。文法はまだ少し限定がある。

Posted in japanese | Leave a comment

What’s more of use?

I wonder, since I am finishing Kanzen Master JLPT3 in Anki today (actually yesterday!), I wondered what to take next for grammar examination in Anki since that worked pretty well and I can see the progress in my writings on … Continue reading

Posted in japanese | 3 Comments

8555 – seriously?

Please leave comments, suggestions and stuff!~

Posted in japanese | 3 Comments

Questions about difference

I recently came across this example sentence, explaining the phrase ということ 昨夕、友達はパーティーから帰ってこなかったということを聞いたら、心配していた。             When I heard (the fact that = ということ), my friend didn’t come home last night from a party, I was worried. When using the ということ construction, a noun … Continue reading

Posted in japanese | Leave a comment