「告白」の批評の続き

「先生・・ このクラスは異常です。」
この文により、観客は「告白」と言うフィルムに怖いことが起きるかもしれないのを実感しています。

クラス全員がまだ13か14歳だけど、心の中には憎みだけではなく復讐も持っている。クラスは人殺しを苛めたくて、人殺しの心と魂を段々と壊したい。人殺しは渡辺くんと下村くんです。盗難を防止するために、渡辺君はそういう「盗難防止財布」が発明した。電撃の機能で他人を財布を盗むのが防止するはずです。でも、ショックの機能はまだ実験したことがない。
森口先生が大嫌いだから、森口先生の娘は実験の対象になることになっています。ショックを与えた娘はきっと死んだと思う下村君は確かめたいから、もう生きていて、呼吸していて真奈美ちゃんをプールに投げています。3歳の彼女は当たり前溺れています。電撃は強すぎなかっただから、電撃は死亡原因ではありません。だって、呼吸しているのが実感しなかった。

森口先生は渡辺くんと下村くんをHIVと伝染したので、少年がクラスの「モンスター」になっています。でも、本当かどうか分からない・・ 先生の方はそんなことができると思いますか?

映画の過程には、森口先生が独り言でクラスを辞めたいのを知らせて、「命」の事実の価値を教えてもらいたいです。「自殺は易しい。しかし、命は易しくない。」それにしても、この文の対照と事実に生徒が興味はすっかりありません。「命」の重視もう分からなかった。生徒は「命は糞なんかだったら、何故生き続けるの?」って頭の後部に思っています。明らかに、若々しくてバカらしい生徒は重視を実感したくない。

If there are any mistakes, please let me know!!!

Advertisements
This entry was posted in japanese. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s