Monthly Archives: August 2011

【映画】 GANTZ (2011)

※ 今度、俺の書いた英文を日本語に通訳としょうと思います。たまに、正しいフレーズを知らなかったので緩やかに訳すことにしました。括弧でオールタナティブのバージョンも見てください。特に助詞が正しく使ったかどうかチェックしてお願いします。みんなさん、長い記事を読んで、訂正してくれて本当にありがとうございます! ※ みんなさん、訂正してくれてどうもありがとうございます!そこに訂正を見られます。 The story of the film „GANTZ“ (2010) is a very unique one, because it deals with the topic of dead, suicide like no other film has done before. 死と自殺についてのGANTZという映画のような別の映画を見たことがないので、俺は(が?)この映画は絶対に特殊だと思います。 The 16 years old Kei Kurono waits for his … Continue reading

Posted in japanese | Leave a comment

【映画】 ハナミズキ (2010)

※ このごろ俺の聴解を向上するために、CDの会話ばかりでなく日本の映画も見ている。特にドラマが好きな人だと思います。そのために北海道に住んでいる二人の愛についてのドラマを選択した。(多分、ネイティブを映画のタイトルは少し変な気持ちがさせるかもしれないけど、本当に「鼻水」の関係がないね。w) 「運転できる??」 康平くんとさえちゃんは電車に乗りながら知り合います。その時、さえちゃんは学校に行くかわりに、康平君は自動車学校に行く。事故で電車が止まっています。さえちゃんは学校で早稲田の大学の入学試験に間に合わなければなりませんけど。だから、康平君と一緒に電車から出て康平君のおじさんの家へ走っています。残念ながらおじさんが(は)留守で、車でさえちゃんを学校まで送り込めない。さえちゃんは康平君を「運転できるの?」と聞いてみます。 -面白い話の始めです。言うまでもないことですが、康平君は運転できない。しかし、映画の過程に紗枝ちゃんは早稲田の大学入試件を受かって東京に移転します。早稲田の大学を入学するのが紗枝ちゃんの子供の時(子供頃?)の夢だったけれども、もうじき康平君のことが大好きだったのも(が)気づいています。康平くんは漁師として北海道でお父さんと働いていますので、たくさんお金がないし、東京に行くのが難しいし。6年間に紗枝ちゃんと一緒に遠距離恋愛をしています。しかし、紗枝ちゃんの命には純一という男が姿を現した。純一君も好きです。そして、康平君のことをゆっくり忘れてしまいます。純一くんと一緒にニューヨークに住んでいって、生活を楽しんでいます。 ※結論と評論 遠距離恋愛というテーマについての映画を見たかったら、この映画は最高です。俺は自分自身で遠距離恋愛のことをよく知っていますから、この映画はリアルだ思います。でも、純一君は写真家としてイラクで写真を撮りながら亡くなっているのが悲しいだけではなく不適当です。紗枝ちゃんはまた北海道に帰省して、康平君を見たとたんに愛するように気持ちがするので、「不適当」です。

Posted in japanese | Leave a comment

Reading, recording, rofling

Lol, try reading out a text aloud, avoiding your accent once It’s really difficult it seems. Anyway, my ‘deadline’ given is Sunday (= I have to conversate in Japanese, otherwise I will die, seriously..) and guess how I misread this … Continue reading

Posted in japanese | Leave a comment

JLPT2 – 04th Decembre 2011?

What do you think – worth a try? Wasted money? Quite possible? I’m hesitant :x Update: I should be perhaps a bit more concrete. So far I hadn’t had problems with the grammar presented in Kanzen Master JLPT2 and I … Continue reading

Posted in japanese | 4 Comments

「スイートリトルライズ」 (2010)

スイートリットルライズの感想文 「おはよう」 聡さんと瑠璃子さんは3年間結婚しています。始めに、嬉しい生活をしているけど、段々つまらなくなってきます。アパートに二人で住んだり、ベッドにと一緒に寝たり、食卓でいつも食事します。部外者にとって、まるで嬉しく二人の生活を楽しんでいる夫婦のようです。しかし、聡さんは残業をするので、生活を楽しめない。瑠璃子への愛情と情熱を失った。彼女のことをもう愛することができないだから、サークルからの女性と付き合うようになって瑠璃子を裏切っています。と言っても聡さんは酷くて悲しいことをしているかもしれないけど、瑠璃子さんもご主人への情熱を失ってしまいました。婦人として、いつも料理と掃除するのが嫌いようになって、ハルオくんショップに出会います。彼のこと本当に愛しているのが気づいていますが、ご主人に知らせたくないです。瑠璃子さんは聡さんが新しい彼女がいるのが知っていって、何もできない。聡も瑠璃子も裏切るのに、離婚をしません。非情に「ただいま」や「おかえり」や「いただきます」などの句を言いながら生活をし続けていき、いつか情熱を持つようになると望んでいます。 この映画は皮肉なタイトルがある。「Sweet」といえば、日本語での「甘い」だけど、映画の雰囲気は苦いだと思います。人間は裏切るということに対する、いつも悲しくなると思いますから、「苦い」の形容詞がもっと正しいけど、筆者がこんな皮肉なタイトルで悲惨を強調したかった。この映画は「愛情」と「情熱」はいつも連れ立ちなくてはいけない。人間の感情を納得するのが大変な事です。 「告白」という映画は人間の精神的で酷い深淵を現すかわりに、この映画は「愛情」という複雑で悲しくて嬉しい気持ちを詳しく観客に直接的にしてみました。

Posted in japanese | Leave a comment