「スイートリトルライズ」 (2010)

スイートリットルライズの感想文

「おはよう」
聡さんと瑠璃子さんは3年間結婚しています。始めに、嬉しい生活をしているけど、段々つまらなくなってきます。アパートに二人で住んだり、ベッドにと一緒に寝たり、食卓でいつも食事します。部外者にとって、まるで嬉しく二人の生活を楽しんでいる夫婦のようです。しかし、聡さんは残業をするので、生活を楽しめない。瑠璃子への愛情と情熱を失った。彼女のことをもう愛することができないだから、サークルからの女性と付き合うようになって瑠璃子を裏切っています。と言っても聡さんは酷くて悲しいことをしているかもしれないけど、瑠璃子さんもご主人への情熱を失ってしまいました。婦人として、いつも料理と掃除するのが嫌いようになって、ハルオくんショップに出会います。彼のこと本当に愛しているのが気づいていますが、ご主人に知らせたくないです。瑠璃子さんは聡さんが新しい彼女がいるのが知っていって、何もできない。聡も瑠璃子も裏切るのに、離婚をしません。非情に「ただいま」や「おかえり」や「いただきます」などの句を言いながら生活をし続けていき、いつか情熱を持つようになると望んでいます。

この映画は皮肉なタイトルがある。「Sweet」といえば、日本語での「甘い」だけど、映画の雰囲気は苦いだと思います。人間は裏切るということに対する、いつも悲しくなると思いますから、「苦い」の形容詞がもっと正しいけど、筆者がこんな皮肉なタイトルで悲惨を強調したかった。この映画は「愛情」と「情熱」はいつも連れ立ちなくてはいけない。人間の感情を納得するのが大変な事です。

「告白」という映画は人間の精神的で酷い深淵を現すかわりに、この映画は「愛情」という複雑で悲しくて嬉しい気持ちを詳しく観客に直接的にしてみました。

Advertisements
This entry was posted in japanese. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s