【映画】 ハナミズキ (2010)

※ このごろ俺の聴解を向上するために、CDの会話ばかりでなく日本の映画も見ている。特にドラマが好きな人だと思います。そのために北海道に住んでいる二人の愛についてのドラマを選択した。(多分、ネイティブを映画のタイトルは少し変な気持ちがさせるかもしれないけど、本当に「鼻水」の関係がないね。w)

「運転できる??」
康平くんとさえちゃんは電車に乗りながら知り合います。その時、さえちゃんは学校に行くかわりに、康平君は自動車学校に行く。事故で電車が止まっています。さえちゃんは学校で早稲田の大学の入学試験に間に合わなければなりませんけど。だから、康平君と一緒に電車から出て康平君のおじさんの家へ走っています。残念ながらおじさんが(は)留守で、車でさえちゃんを学校まで送り込めない。さえちゃんは康平君を「運転できるの?」と聞いてみます。 -面白い話の始めです。言うまでもないことですが、康平君は運転できない。しかし、映画の過程に紗枝ちゃんは早稲田の大学入試件を受かって東京に移転します。早稲田の大学を入学するのが紗枝ちゃんの子供の時(子供頃?)の夢だったけれども、もうじき康平君のことが大好きだったのも(が)気づいています。康平くんは漁師として北海道でお父さんと働いていますので、たくさんお金がないし、東京に行くのが難しいし。6年間に紗枝ちゃんと一緒に遠距離恋愛をしています。しかし、紗枝ちゃんの命には純一という男が姿を現した。純一君も好きです。そして、康平君のことをゆっくり忘れてしまいます。純一くんと一緒にニューヨークに住んでいって、生活を楽しんでいます。

※結論と評論
遠距離恋愛というテーマについての映画を見たかったら、この映画は最高です。俺は自分自身で遠距離恋愛のことをよく知っていますから、この映画はリアルだ思います。でも、純一君は写真家としてイラクで写真を撮りながら亡くなっているのが悲しいだけではなく不適当です。紗枝ちゃんはまた北海道に帰省して、康平君を見たとたんに愛するように気持ちがするので、「不適当」です。

Advertisements
This entry was posted in japanese. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s