【映画】 GANTZ (2011)

※ 今度、俺の書いた英文を日本語に通訳としょうと思います。たまに、正しいフレーズを知らなかったので緩やかに訳すことにしました。括弧でオールタナティブのバージョンも見てください。特に助詞が正しく使ったかどうかチェックしてお願いします。みんなさん、長い記事を読んで、訂正してくれて本当にありがとうございます!

※ みんなさん、訂正してくれてどうもありがとうございます!そこに訂正を見られます。

The story of the film „GANTZ“ (2010) is a very unique one, because it deals with the topic of dead, suicide like no other film has done before.

死と自殺についてのGANTZという映画のような別の映画を見たことがないので、俺は(が?)この映画は絶対に特殊だと思います。

The 16 years old Kei Kurono waits for his train bringing him home at the platform when he notices a man jumping on the railway and lying down there, apparently awaiting the train to come and killing him.

16歳のクロノケイがホームで住んでいる辺の方面の(住んでいる辺に行く)電車を待ち合わせる時、自殺をするために踏み切りに下向する(降る)男を気づいています。

The people around Kei also waiting for the train ignore this matter coldheartedly and do not even call for help, or show any kind of interest for the man trying to commit suicide.

ケイの周辺の人もこれを気づいていますが、何もしないし、駅員を通知しないし、じろじろばかりしています。周辺の人は命を済みたい男には(にとって?)情けがない。

Suddenly, Keis old friend from primary school appears and immediately helps Kei getting the man away from the railway, which is more difficult than both of them have thought.

突然、ケイの小学校の時の友達が(ケイの友達はここまで不明・述べたことがないだから、「が」という(との?)助詞を使うことにしました)姿を現して直ちにケイのことを手伝ってみます。でも、男を踏み切りから助けるのは大変で、間に合わないぐらいです。

The train approaches, but nobody of the three characters manage to escape and get beheaded by the train. The people following this spectacular event in front of their eyes film the brutal execution with their handys.

電車はそろそろ到着しますが、結局誰にも自分の命を助けることができません。ホームで待っている人は3人の酷い死亡を携帯電話のカメラで撮影します。

Kei, his friend and the man aren’t really dead. Minutes later, they awake in an apartment somewhere in Tokyo in a room in that only a huge black ball is standing and nothing else.

でも、事実に(は?)ケイとケイの友達と男は亡くなってしまわなかった。東京のアパートの部屋で(は?)短い睡眠から目覚まします。部屋の中に(は?)黒い玉がだけあります。この玉除いて、何もありません。

Suddenly other persons appear in the room. The group grows and everybody gets to know why they are in the room: they were killed or committed suicide.

突然、別の人が姿を現します。グループが増えていって、だんだんとケイだけではなく状況をわかるようになります。みんながなんとなく、自然な死亡を通して、自殺を通して、(「または」の構文もいいですか。)死んでしまいました。

The black ball opens suddenly and black suits and guns are accessible for the group members after the mission from GANTZ, the name of the black ball, is announced and the ironical famous Chinese gymnastic melody ‘A new morning is starting’ comes out of the ball.

「新たな朝がはじめました!」と言う中国からの体操をする時のメロディーが弾きはじめてグループのメンバーは黒い玉から兵器と特殊なスーツを、夜間に黒い玉にとって発表され、命じた任務を果たすために、出します。任務はモンスターを殺すということです。

The one’s having the most killpoints are promised to be able to return into their real world again.

点数が一番高い一員は(また)世界に戻すことが出来ます。

A story begins, in which humans do inhuman things, because they want to live again normally in their world, running around covered with blood and crying their souls out of them…
人が非人間的なことをして、また世界で普段の生活をしたいので、血だらけ何か(を?)叫んでいる物語は始めます・・・

Advertisements
This entry was posted in japanese. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s